8月の歌舞伎。

こんばんは。


今週から仕事が始まっています。

立秋を境に台風の影響で気温が下がり、

いろいろな場所の冷房が辛いです。


体が重い日が続き、

しばらく早めに休んでいました。

やっと復活です。


明日は歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」の初日です。

今日は歌舞伎座の大間で記者会見がありました。


猿之助さんは3年連続で納涼歌舞伎に出演です。

それまでは出演はありませんでした。


私が知っている亀治郎時代の8月は自主公演「亀治郎の会」の月でした。

今でも多くの若手役者さんが自主公演をしていますね。


私が初めて歌舞伎を観たのが2008年「亀治郎の会」

歌舞伎に興味があり、

翌月9月に友人に歌舞伎座に連れていってもらうことになっていました。


その予習として何かないかと調べると、

テレビで顔を知っていた亀治郎さんの公演があることを知り、

国立大劇場の一番お安い席が2000円くらいだったこともあって(笑)、

急きょ行くことにしたのが私の人生を変えました。


「俊寛」「京鹿子娘道成寺」

道成寺の花子を踊る亀治郎さんにノックアウト(笑)


初めて生で観る歌舞伎役者さん。

受け継がれる’血’を感じ、

役者さんだけでなく、舞台上にあるすべての物、音に生命を感じました。


千穐楽だったからか、

アンコールはスタンディングオベーション。

地鳴りのような拍手と歓声。


それに応える亀治郎さんの感無量なお顔。

花道の真ん中までやってきて、二階席以上のお客にも感謝を届ける姿。


今でも鮮明に憶えています。


心が救われました。

そして、何だか人生が楽しくなった。


あれから丸10年です。

8月になると毎年思い出します。


当時から歌舞伎座では納涼歌舞伎を実施していました。

勘三郎さん三津五郎さんが作った歌舞伎座の夏。


そこに猿之助さんが出演する日が来るとは、

3年前までは全く思っていませんでした。


もし、まだ歌舞伎を観たことがない人がこの文章を読んでいたら、

試しに一度行ってみてほしい。


私のように人生が変わるかもしれません。


今月は若手の自主公演や勉強会、

歌舞伎座では「納涼歌舞伎」、

そして新作歌舞伎「NARUTO」があります。


お値段もいつもより比較的お安いので、

チャレンジするには抜群のタイミングです。



今年の私は勉強会などには行けませんが、

歌舞伎座は一部から三部全て、NARUTOにはもう一度行きます。


観劇は少し先です。

台風に負けずに初日が盛況でありますよう祈っています。



夏は歌舞伎で納涼です。




aya。





aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • aya。

    2018.08.08 22:27

    @ミーナミーナさん、ありがとう。 先月からの暑さで体が悲鳴をあげてます(*_*)温めること、無理せず休むことが重要ですね。お互いに気を付けましょ☆
  • ミーナ

    2018.08.08 15:25

    お身体大丈夫ですか? 私も冷房で体が疲れぎみで寝ても寝ても寝足りない(笑)冷えは大敵ですよね。