学習院國劇部。

9月がスタートです。


雨が降ったり止んだりのお天気でした。

傘が手放せませんでしたが、

私は一度も雨に当たりませんでした。

こんな日はラッキーで気分がいいです。


一雨ごとに涼しくなり、

秋の訪れを感じています。


猿之助さんがblogを更新してくださいました。

その言葉で私の夏も完結です。



さて、今月最初は学生さん方の歌舞伎を観てきました。

知人に誘われて日本橋公会堂へ。


演目は「野崎村」


学習院大学國劇部の名前は聞いていました。

ふとしたご縁で公演があることを知りました。


出演は学生さんですが、

大道具、衣装、鬘や、竹本、長唄に至るまで、

プロが協力して行われることにびっくり!


さらに指導は現役歌舞伎役者さん。

齊入さん新蔵さんです。


何故こんなに恵まれた環境なのかは知りませんが、

真剣に歌舞伎公演をする学生がいることに興味が湧きました。


どんな客層なんだろう。

そこからワクワクするわけです。


驚くことに一階席がほぼ埋まっていました。

ギリギリにいらした方々が二階へ向かう姿も何人も観ました。


出演者のご家族、OBOGらしき方々、

一人で観劇している方も多く、老若男女年齢問わず。

大盛況です。


そして、幕が開いてびっくり。

歌舞伎座で観た、あの野崎村のセットがそのままそこにあるのです。


これはただならぬ予感(笑)

学生の発表会と思いきや、竹本も本興行のままです。


それにお芝居が上手い!

お稽古をたくさんなさったのだなぁと感じます。


当たり前なのかもしれませんが、

噛んだり間違って焦るとか全くなかった。


多くの支援を受け、恵まれた環境だから。。ということだけではない、

何だろう、プロ根性を感じてしまいました。


着物の所作も全員が美しく、

現代劇の役者さんが時代劇をする時の残念さが全くない!(笑)

このレベルが普通なのですか!?本当に驚きでした。


お光役の方がとっても素敵でした。

今まで女方の役者さんで拝見してきましたが、

若い女性が演じるとひと味違ったのが発見でした。


純粋だからこその決断。

天真爛漫な少女が大人になっていく。

とてもリアルでした。


お染役の方も対照的な雰囲気がいい。

美人さんで品があり、形が終始美しかったです。


久松役は女性でした。

色男風情が説得力ありました。


お光の父、久作役の方も印象的でした。

学生?と思うほど老けていた(笑)


所作と着物の着方が素敵!と思ったら、

9才から日本舞踊をさなっているとあり納得。

おかしみもあり、哀しみもあり、達者な方でした。



私。。正直言うと、寝てしまうかな。。と思っていたのです。

野崎村はあまり好きなストーリーではないからです。


でも意外なほど目がらんらんとしていた(笑)

すごく面白かったのです。


理由の一つに全員の声がよく、言葉がはっきり伝わったこと。

伝わるということは、

役者さん方が役として話しているからだと思います。


何だか感動してしまった。


お光の切ない余韻が今でも残っています。



学生時代の部活動は一生の思い出になるはず。


皆さんがどんな道に進むのかわかりませんが、

歌舞伎に愛情を注ぎ、1回だけの公演にかけた想いは、

人生を豊かにしてくれるといいなぁと願っています。


私も中学高校時代の演劇部で、

情熱をもってお芝居を作っていた日々を思いました。


優しい時間を過ごすことができました。


有難うございました。





aya。








aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

0コメント

  • 1000 / 1000