ワンピース@大阪公演! その1

こんばんは。

大阪の旅を綴ります。


東京駅6:00発(笑)

夜は緊張してあまり眠れず、新幹線に乗ったらほっとして爆睡でした。

8:22に新大阪駅に着きました。

お土産を買ってロッカーにしまい、地下鉄で心斎橋に向かいます。

大阪に来てまでここ?という場所で朝食です。

「Eggs'n Things」でパンケーキ(笑)

東京で並ぶのが嫌で未体験。朝一番なら大阪でも空いているかと。

いやいやいや(汗)3分の2まで頑張りました。

半分まできたらたこ焼きが食べたくなる(笑)

9時半くらいなのにわりとお客がいました。

クリームが美味しい!一人でのんびり。

そして、歩いて松竹座へ。

ほー!初松竹座!!大興奮です。

皆様のお写真で見た外観!小さくて可愛い!

何だかノスタルジックな雰囲気で素敵です。

ワクワクしながら入るとロビーが物販で埋まり(笑)

各階のロビーというか踊り場も狭め。

ロッカーに上着を入れて、ひざ掛けを借りて。

これ私のいつものスタイルです(笑)


2階席に入ると、ルフィ!!!!!!

会いたかった人に会えた感じ。

新橋演舞場より断然、舞台が近く全体が見やすいです。

最前列は3階席が気にならず天井が高いです。

お席もゆったり。


満席の中、大航海が始まりました。

もう、最初の曲を聞いただけで涙が出ました。

音楽はすごいですね。昨年の空気まで思い出します。


でもお芝居は、猿之助さんが言うように全く東京と別物でした。

初演を想って観ると、あれあれ~となるくらいちがう。

だから良い意味で裏切られた感が満載で新鮮。


猿之助さんがどこを残して、カットしたかを目の当たりにして、

正直そうきたか!という感想です。

記憶も曖昧なので感覚なのですが、

初演のほうがドラマ性があった気がします。


笑えて楽しい場面が増えて、

ゆったりほっこりする会話や歩いたりする’間’、踊る場面が少なくなっていたような。

初演で評判がよかった場面をより進化させ、

それぞれ微妙に尺を伸ばす変わりに、カットした場面がたくさんあるのでしょう。


これも猿之助さんの戦略とみた(笑)

こうしたらどういう反応になるか。。本人が楽しんでいるのでは?


でも歌舞伎を観たことがない方、お子さんたちが、

より楽しめるようになったと思います。


どこがどう。。というのは野暮だけど、ちょっと楽しい。

大阪バージョンなのだと1幕目ですっかり割り切りました(笑)


私が変わらず好きだったのは、ルフィの登場!

もう真正面にいるわけですよ(笑)


そして、麦わらの一味の名乗り。

ウソップが大好きです。

チャルさんは軽妙な中に哀愁があるように感じます。

極小チョッパーとの言い分けも職人です。


猿之助ルフィの「ゴムゴムのぉ~」が聞けて嬉しい(笑)

髪形がまた変わってますね。

何であんなに可愛らしいの(笑)


それと腕ダンス!!!曲が違う!!

バージョンアップしているではないですか!

東京初日。。猿之助さんのダンスに衝撃が走りましたが、

こんなにマスターしてしまうなんて。

振りが複雑になっていてすごい!

こちらまでノリノリにさせるほどのダンスに拍手。

アナログで手を伸ばせるシーンをもっと観たいと思っていましたが、

たっぷり増えていて嬉しかったです。


アマゾンリリーのダンスはもっと観たかったな。。

大胆にカットですね。。


早替りシーンはさすがの鮮やかさ。

余裕でなさっているよう。


一番ツボだったのが、段之さんがモンローになってる!

黒髪のボブが金髪のウェーブに(笑)

お色気倍増ではないですか~

そう見てると胸まで大きくなった気までしてくる(笑)


鳥肌だったのが、ルフィがエースを語るところ。

ここは大好きです。

猿之助ルフィの愛情が伝わるし、カッコイイ。

バックの麦わらの一味の皆様も面白いし、語りが優しくて好き。


そして黒ひげ&エース!

平さんの予想外のお顔の小ささに、

オペラグラスを持っていかなかったことを後悔しました(笑)

すごくスタイルが良くてアダルト。

歌舞伎役者さんの色気と違う魅力を感じます。


福士さんは、どちらかというと歌舞伎役者に近い色気でした。

そして熱いエースでした。


福士さんが’動’なら、平さんは’静’かな。

友人が言っていてなるほどと思ったのですが、

役に対する解釈が違うとこうも違うのか。。と。


福士さんを知っているので、エースを2倍楽しんだよう。贅沢です。

平さんとのほうが、猿之助さんは守ってあげたくなるルフィになりますね(笑)


息つく暇もなく一幕終了~


猿之助さん、ますますルフィになってる(笑)

そして、皆さんのチームワークの良さに変わらず感動です。

また出会えたことが嬉しい。

麦わらの一味が再会する時もこんなふうに嬉しいのかな。


そして、私にもたくさんの出会いがありました。


続く。


aya。



aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

0コメント

  • 1000 / 1000