九月新派特別公演。

こんばんは。


新橋演舞場「九月新派特別公演」に行ってきました!

木挽町広場で友人と待ち合わせエスカレーターを上がると、

歌舞伎座を観劇し終わった’ずんこさん’が下りてきた(笑)


もしかしたらすれ違えるかも。。と私は予想していたので、

本当に一瞬ですがお会いできてうれしかったです。

ずんこさんも、一緒にいた友人も驚いていました。

またゆっくりお話しましょう。


席で私のアンテナが反応する(笑)

なんと近くに獅童さんが座っているではないですか!

デイビッドがよぎります。。。


必要以上にドキドキしながら開演です。


市川月乃助 改め 二代目喜多村緑郎襲名公演。

以前、三越劇場で新派公演に出演する月乃助さんを拝見しました。

その時は月乃助さんの器に劇場が小さすぎる。。と感じました。


新橋演舞場で喜多村緑郎として中央に立つ姿は、

劇場の大きさに負けないほどの存在感で、何より’華’がありました。

やはりこの方は大劇場が似合います。


そして、いつも思いますが’襲名’って本当にすごい。

オーラが違う。


おもだか屋の皆様が多数ご出演で、

私にとっては親しみが湧く、とても好みの公演でした。

この後は内容に触れますので、これからご覧になる方はご注意を。




口上が明るいです!

緑郎さん、水谷八重子さん、波野久里子さん、

松也さん、春猿さん、猿弥さん、新派の幹部の皆様が列座。


女性が同席の口上は初めて拝見しました。

とても雰囲気が柔らかいですね。


松也さんの口上が「あらしのよるに」の裏話で笑えました。

客席ど真ん中に獅童さんが座っていたからか、

毎日の内容かはわかりません(笑)


松也さんが面白く話すので、

緑郎さんをはじめ出演者は肩を震わせて笑っていました。

客席では獅童さんも大爆笑。


ラストは、緑郎さんが松也さんの話を受けて、

「その節は中村獅童さんには~」と笑いをこらえて真剣に面白く話すので、

またまた獅童さんが爆笑しながら大喜びしてました(笑)

もちろん、お客も爆笑でした。


獅童さんがいることを知らない方もいる中、

知っていると倍楽しめたお二人の口上でした。


春猿さんの口上で初めて知ったのですが、

緑郎さんとは国立劇場の歌舞伎俳優研修の同期なのですね。

師匠 猿翁さんの元で切磋琢磨してきた二人と聞いただけで胸が熱くなりました。


猿弥さんの口上が愛に溢れてました(笑)

お客さん参加型です(笑)


松也さんの妹 春本由香さんが初々しくて可愛いです。

兄妹すごく似てますね。

松也さんは、口上の中で妹さんのことにも触れていました。

優しさを感じます。


久里子さんは、緑郎さん由香さんが、

新派の一員になってくれたことへの感謝と喜びでいっぱいの様子。

話し始めると’空気’を変えてしまうのはさすがです。


緑郎さんは圧巻。

猿翁さんの話もなさり、言葉が重く心に響きました。

お声の張りに決意を感じます。

聞けてよかったです。応援していきたくなりました。


全体はとっても雰囲気が温かく、明るい。

失礼を承知で書きますが、新派は少し暗いイメージでした。

緑郎さんの’華’は新派のイメージも変えてしまいそうな勢いに感じます。

新しい風。


そして、猿翁さんの名前が何回も登場したり、

「あらしのよるに」のチームワークの良さを感じたり。。

緑郎さんが、新派と歌舞伎の架け橋になるのだ、と

何だかとても自然に受け入れられてしまった。


ご本人が歌舞伎の舞台に出演しないと言っていないので、

是非、歌舞伎の舞台に立っていただき、

両方を盛り上げてほしいと心から思いました。


明るい、未来に繋がる口上でした。


その後の「婦系図」でもさらにそう感じることになりました。

感想はまた後日に。


口上もお芝居も楽しかったです。

有難うございます。



aya。

aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • aya。

    2016.09.06 15:26

    @ずんこ友人も驚いてましたね(笑) 実はエスカレーターの乗る前に、ずんこさんがいるかも。。 と話をしていたからなのです。 口上はやはり獅童さんバージョンだったのですね(笑) 年内、お江戸で会えたらうれしいですが、 2月には博多でお会いできますので楽しみにしています☆
  • ずんこ

    2016.09.06 05:46

    私は完全に気を抜いてたので、ビックリしました(笑) お友達もビックリお目目でいらっしゃいましたよ(笑) 次はお江戸か?博多なのか?またお会いできるのを楽しみにしています。 新派の口上、どうも歌舞伎組は毎回違うような気がします(笑)