ワンピース歌舞伎迫る。

こんばんは。


蒸し暑い一日でした。

猿三郎さんのblogに笑ってしまいました。

猿之助さんらしくてサイコーです♪

ふたり同時に踊るなんてすごい(笑)

宗家もびっくりですね。


明日は入間市入り。

明後日が巡業初日です。

いよいよです。


写真は「藤間会」の看板です。

猿之助の文字を撮ってみた。それだけ(笑)


さて、シネマ歌舞伎版「ワンピース」も迫ってきました。

10月22日公開です。


あくまでも個人的なつぶやきです(笑)

私、現時点ではあまり映画に興味がない人です。

観る時は役者さん目当てです。

どうしても’生’の舞台が好きで拘っちゃう。


これは東京に住んでいて、

劇場に恵まれているからかもしれません。

現時点。。というのは明日の気持ちはわからないからです(笑)

明日は好きになっているかもしれない。


TVの録画もしないし、

過去の映像も、見たくないわけではないけど、あまり見ない。


猿之助さんが’映像は記録になる’と言ったけど、

私の感覚もそんな感じです。

ちなみに猿之助さんは映像化が好きではないですね(笑)


シネマ歌舞伎は、

映像を1本も持っていない私でも、

見ることできなくなった役者さんの映像を見ることできます。

それは嬉しい。

でも、あまり感動はなく、今はまだ思い出して悲しい。


特に拝見したお芝居は、

実際のお芝居を見た時の感動のままとっておきたい。。

と思う。


そんな私も「ワンピース」は行こうと思ってます(笑)

まだ前売りチケットを買っていないけど。


先日の春秋座のアーカイブで猿之助さんは、

シネマ歌舞伎版を見ても満足できない完成度(笑)

というようなことを言っていたとか。

これを見て満足できちゃったら来年の再演にお客が入らないから。

さすがの猿之助節。


観たらあの感動が甦ってくるかな。

ワンピース歌舞伎は大事な思い出です。

映画を観て、半減しないかのほうが心配です。


でも観たら来年の再演がより楽しみになるに違いない。

そのためにシネマ歌舞伎なのだ、きっと(笑)


映画になったのは新橋演舞場version。

エースは福士誠治さん。

2ヶ月間のどの時期なのかな。


初演を映像にしたことはとっても価値のあることです。

四代目の歌舞伎は上演するたび変化し進化するから。

最初のものを上演する機会なんてこの先ないと思う。


初日の緊張感ったらなかった。

舞台も客席も。

観たらそんな空気感の方を思い出すのかもしれません。


観劇した一人一人の中にワンピース歌舞伎があります。

その想いと重ねて映画を楽しめれば最高ですね。


もちろん、舞台をご覧になっていない方も観てみてください。

いろんな意味で来年の再演が観たくなるはず。


そして、その前に東京で「スーパー歌舞伎II ワンピースの世界展」!

ルフィの舞台衣装の展示が楽しみです。

入場無料なので銀座にいらした際には是非。

私はシネマよりこちらの方が楽しみかも(笑)

いつ行けるかな。


10月5日(水)~18日(火)10:30~20:00

 ※最終日は18:00閉場 

銀座三越 9階 銀座テラス/テラスコートにて 

aya。



aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

0コメント

  • 1000 / 1000