あんまと泥棒@歌舞伎座

こんばんは。


あっという間に歌舞伎座が中日を迎えました。


年末らしくちょっぴり忙しく過ごしています。

思わぬお食事の誘いがあったり、

姪たちが同時に病気になったり。。


そんな中、「風の谷のナウシカ」が、

来年の12月に歌舞伎になる話題に心躍らせていました。


猿之助さんの名前は今のところないのですが、

菊之助さん七之助さん松也さん巳之助さん右近さん、

と名前が上がり、若手中心の新作にワクワクしています。



さて、先日拝見した歌舞伎座夜の部のお話です。


「あんまと泥棒」は、

もともとラジオドラマとして書かれました。


昭和26年(1951)に、

八世市川中車&三世市川段四郎コンビで初めて放送されたそうです。


歌舞伎になり、上演回数はそんなに多くないようです。

1970年歌舞伎座で初演、今回で7回目。


初演時は、あんま秀の市を十七世中村勘三郎、

泥棒権太郎を長谷川一夫さんが演じています。


私は2015年明治座で、

秀の市役を中車さん、権太郎役を猿之助さんで拝見しています。


従弟同士で初の二人芝居。

どちらがどちらの役を演じても面白いだろうな~

と思って観ていました(笑)


中車さんの怪演に惹きつけられ、

猿之助さんの情の厚いキッパリした男っぷりに惚れた(笑)


今月は新コンビです。

秀の市が3回目となる中車さんと、

権太郎が初役の松緑さん。


私にとっても新鮮な組み合わせでとても楽しみにしていました。


松緑さんの人の良さがとっても光っていました!

猿之助さんの時よりも純粋で素直な人柄に見えるのは何だろう(笑)

可愛らしいというか。。。



あんま秀の市のもう一つの顔は高利貸し。

ある夜、秀の市の家に泥棒がやってきます。


泥棒は刃物を出して脅しますが、

目の見えない秀の市のほうが一枚上手。


そのいうちに二人でお酒を飲み始め、

どんどん立場が逆転していきます。



中車さんの相変わらずな怪演ぶりが圧倒的です。

前も摩訶不思議だったのですが、

坊主頭の形がいびつで何だか可笑し味たっぷりなのです。


登場の仕方がインパクトあって、

一瞬で世界観に惹き込まれてしまいました。


大河ドラマの龍馬伝の時もそうでした。

汚らしいというか、生活感溢れるというか。。

どうしてこうリアルなんでしょうか。

すごい人です。


お客がギュッと中車さんに集中するのがわかります。


夜中の話なので、

舞台は終始真っ暗です。


一人語りのように話しが進み、

泥棒の松緑さんが忍び込んできます。


猿之助さんの時も感心したように、

松緑さんの忍び足も素敵(笑)

踊りが上手い方々の軸がブレない忍び足はサイコーです。


中車さんはお相手によって演技を変えているのだと思う。

猿之助さんの時はもっと警戒心があったような。。


松緑さんだと容赦なしにスルスルと心に入っていく感じ。

松緑さんの心が自然と揺れていくのがわかりました。


秀の市は中車さんの当たり役になりますね。

もうこの方しかできないのではないかと思うくらい。

そして、私はこの役の中車さんが面白くてたまらない。


ラストの松緑さんがサイコーにチャーミングで、

いい人だなぁ~(笑)ってなる。


約45分のお芝居というのも丁度いい。

二人だけしか登場しないのも見応えあります。


前後の「阿古屋」と「二人藤娘」がかなり明るい舞台なので、

この暗闇は新鮮です。


幕見席でサクッと観ることできるのでお勧めです。


中車さんがまた違う方と演じるのも観てみたい。


楽しませていただきました。

有難うございました。




aya。






aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

0コメント

  • 1000 / 1000