歌舞伎座で翔んだ。

歌舞伎座「六月大歌舞伎」第三部に行ってきました!


お席は最前列です。

なんと歌舞伎座一階デビューでした。

三階が好きな私は、ここぞ!と思う公演にとっておきました(笑)


2013年開場から初めての一階席。

どうせ座るなら猿之助さんと私の間に障害のない(笑)最前列で。

三部の猿之助さんは下手にいることが多いと思い、

花道寄りを取ってみました。


でも想像と違い、もう少し中央寄りで演技していらっしゃいました。

それでも目の前にいる時間が長くてクラクラしそう。


座ると背中からお客さんの’気’の圧を感じました。

初日ならではの期待感が後ろからバシバシきます。



新歌舞伎座初の宙乗りは猿之助さん。その初日。

花道から上がっていく姿を見て

「翔んだ~~~」と思わず声に出ました。

そして涙が出ました。

会場からは歓声もあがっていました。


昔、猿之助さんは歌舞伎座に出演しないのではと思ったものでした。

こんな日が来るとは。。。


花道の上に早いスピードで高い位置に上がると、一階のほうには降りてきません。

たっぷり目線はふってくれるけど二階三階席に近い位置でキープしたまま。

天井が高いから傾斜をつけて上がるのが難しいのかな。

真下から見ましたが、どの劇場より遥か彼方に猿之助さんがいた(笑)


子狐の嬉しさを笑顔と体全体で表現し、

会場中の空気が幸せ感に包まれます。


手拍子が起こったけど、拍手も多かった。

私は拍手で送ってあげたほうが好きです。

姿が消えるとお客がどよめいた。

とても幸せでした。


「道行初音旅」は、染五郎さんと猿之助さんが初ペアとは思えない。

染五郎さん、美しい。浅葱幕が落とされ登場すると大きな拍手。

目線、手の先、後姿、すべてに気持ちが入っていて見入ってしまいました。


猿之助さんのスッポンからの出にまたまた大拍手!

ああ。。久しぶりの歌舞伎の立役姿。

すごく風格が増し、存在がとても大きい。


きっちりと主従に見えるし、

お二人の舞も見惚れてあっという間。


本当に桜満開の吉野山にいるような気分。

温かくて、優しくて、強くて。


藤太役の猿弥さんの見せ場がたっぷり!

それに藤太でこんなに笑ったのは久しぶりです。

空気を一気に猿弥ワールドにしてしまいました。


染五郎さんは終始微笑んでいるのですが、

猿弥さんが床をすべり、ツーーーっと近寄ってくるから、

思わず本気で吹いて笑ったのを見逃しませんでした!

笑い顔がめっちゃ可愛い。

でも猿弥さん、あれはずるい(笑)

猿之助忠信は笑わず、さすがです。


花四天の皆様はおもだか屋の皆様(全員かどうかわかりません)で、

舞台がおもだかチームになり感動しました。

立ち廻りはさすがのチームワークです。

猿之助さんの後見は段之さん澤五郎さんで安定感ありあり。


猿之助さんは下手にいることが多いのでこれも嬉しい。


染五郎静が去った後もたっぷり魅せてくださいます!

猿之助さんの狐六方!

これ観てほしい。


ワクワクしたまま幕。

その後に「四の切」なのでストーリー的にわかりやすい演目の並びです。


「四の切」の幕が開き、懐かしい舞台風景にまず感動。

吉弥さん、寿猿さんは幕開きだけの登場です。

寿猿さんいると何だか嬉しい(笑)


門之助さんが義経というのも嬉しい。

凛々しくて素敵でした。


本物の忠信の時の猿之助さんがエライカッコいい♪

私が拝見した中で一番!

時代味を感じさせる佇まい、凄みと圧も伝わってくる。


巳之助さん松也さんの存在感もいいです。

それぞれキャラが違い魅力的です。

お二人ともに声がいいからインパクト大!


ここでは静御前が笑也さん。

近くで見ても美しい。。

笑也さんの静はたびたび拝見してきました。

ちょっとした仕草、表情が完璧女性です。


源九郎狐になってからの猿之助さんは、

前半とは対照的に’人で非ざる’雰囲気。

言葉がだいぶ可愛らしくなっていて、

仕草や表情と合わせて、よりメルヘンな感じ。


なので、子狐の親への想いがさらに切なく、

温かく優しく胸を打つ。

その後の喜びがいつもよりHappyに感じました。


猿之助さんのケレンは洗練され、どれも安定感あり。

膝で回るのも、こんなに早かった?と思うほど。

欄干から飛び降りる時も足音しません。


でも改めて思いました。

近くで拝見し、このお役はこんなに精神的体力的にハードなのだと。

少しも休まる時がなく、体を全力で使う。

若干いつもより力が入っているように思ったのは、

初日だからか、会場の空気のせいか。。。


荒法師の皆さんもすごかったです!

初めてなさる方もいるようですが、連続技に拍手が起こってました。


千穐楽までまだまだ進化していくに違いありません。


大向こうさんがたくさんいて盛り上がりました!

拍手も多かったです。

素敵!と思ったところでは、遠慮なく拍手をしましょう。

私はしています。


私、瞬きしていなかったのではないかと思う(笑)

猿之助さんはけっこう客席に視線を配り余裕を感じさせました。


楽しくて有り難くて。

一瞬一瞬が愛おしくて。


猿之助さんの息、汗、視線、指先まで、穴が開くほど見てきました(笑)


でもやはり全体を観るなら三階です!

次回はホームの三階で拝見します。

というか後は全部三階!


幸せなひとときに感謝。


明日も歌舞伎座に行ってきます。

歌舞伎初体験のお世話になっている方をご案内!

楽しんでくれますように。



良い夢が見られそうです。



aya。


aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

4コメント

  • 1000 / 1000

  • aya。

    2016.06.04 12:48

    @ふうせんいえいえいえいえ~ 全く気にしません!大丈夫です。 返ってすみません。 お母様が二代目猿之助ファンだったのですね。 人に歴史ありで、コメントをとても興味深く読ませていただきました。 有難うございます。 そして、私なんかを「お友達」と言っていただき嬉しいです。 何より嬉しい。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。 色々教えてください☆
  • ふうせん

    2016.06.03 16:55

    @aya。ごめんなさい!! さきほどの私のブログで、〈aya。のブログ!〉と、呼び捨てにしていました。 〈aya。さんのブログ!〉 って、頭では思っていたのに、今見たら、なんと! どうぞ、お許しください。 私の場合、母が戦前からの二代目猿之助のファンだったのね。 それで、一緒にでかけたものなのだけれど、そのころの資料が何も残ってなくて… 戦前から澤瀉屋さんは異端の役者だったから、あのころも歌舞伎座にはそんなに出ていなかったと思います。 ましてや、若手の役者は、東横ホールとか、新宿第一劇場とか、そういうところで、私もけっこう行っていたのに、演目なんかも覚えていないのね。 覚えているのは、團子の切れ長の美しい眼差しとか、ふくよかな雰囲気とか、オーラの凄さとか…(笑)。 高校を卒業してからは、いろいろとあって、歌舞伎にいかなくなったのだけれど…。 小学校の時に胸をときめかせたのは、東映の大川橋蔵で、中学高校では市川團子だった(笑)。 なお、その時代は役者さんに「さん」をつけて話題にすることはなかったのね。 それは呼び捨てにするということではなくて、一般人とは一線を画して、むしろプロとしての敬意をはらってのこと。 そうねー、「お友達感覚で話題にするのは失礼」っていう感覚かしらね。 大向こうの掛け声が「澤瀉屋!」「音羽屋!」で「澤瀉屋さーん!」なんて言わないでしょ。 それとも、ちょっと違うかもしれないけれど、… 言葉遣いって、時代でかわるのよねー。 aya。さんは、ブログでのお友達ですから、「さん」をつけるのは、今も昔も同じです。 今回は、ほんとにごめんなさいね。
  • aya。

    2016.06.03 12:56

    @ふうせんふうせんさーん!コメント有難うございます。 私は三部から逆に観て、失敗したなぁと思ってます(笑) 一部からのほうがストーリーに乗れそうです。 幕見は盛況のようなので私も避けてます。 三代目の女形!想像できないのですが、そうだったのですね。 團子ファンとはすごい!いつかふうせんさんにその頃のお話が聞いてみたいです。 木挽町日記さんのblogのご紹介をしてくださり有難うございます! この後に見てみます! ふうせんさんの今月の感想も楽しみにしています。 お体を優先になさって、ボチボチblogしてくださいね☆