より深まる。

こんばんは。


なんと、三部で宙乗りできなかった情報が!

花道を六方で引っ込んだそうですが、

猿之助さんに事故なくお怪我なくよかったです。


金丸座で途中でストップして、客席に飛びこんだこともありました。

今日の猿之助さんはとても冷静だったそうです。

安全が確保されない限り、六方で十分です。


毎日、宙乗りできていることが奇跡。

猿之助さんに感謝をして楽しみたいです。



今日のお休みも歌舞伎座に行ってきました。

第一部と第二部を観ました。


偶然、accoさんと同じ観劇日で二部まで一緒。

お席も近くて幕間は楽しくおしゃべりでき感謝です。

大阪からいらしたかりなさんにもお会いし、

博多以来の再会をしました。


歌舞伎座、博多座は中日を迎えました。

今日は、私が拝見した数日のうち、

劇場内の雰囲気が一番よかったように感じました。


三階から見る客席の風景はお席がほとんど埋まっていました。

見えない一階席後方、二階席は空席があったかもしれません。

でも今までの一部二部は三階から空席が見えました。

それがほぼ埋まっているのは、

評判が良く、徐々にお席が埋まってきているということです。


お芝居は初日あたりとだいぶ変わっています。

一部はリズムができていました。


染五郎さんの出がとても素敵でした。

銀平がさらに大きな人物になっています。

知盛の時もよりスケールが大きくなりオーラがありました。


言葉が一つ一つ、私の心に響きます。

「生き変わり、死に変わり。。」が好きですが、

今日が一番ゾッとしてよかった。

この方は知盛にすごく心を寄せているというか、

知盛が好きなのだなぁ、とも思わせます。


猿之助さんのお柳はより自然になり、世話女房の風情が素敵。

艶やかで若いのは変わりません。


猿之助さんは中日あたりになると演技や言葉の緩急が、

いつも一度なだらかになるような気がします。

セリフの言い回しがいつも変わる。


そして、力が抜けて、どんどんお役に同化していくよう。

今、すごくナチュラル。すごく魅力的。


典侍の局には乳母としての覚悟と愛情が深まっていました。

体がとても集中していて運命への緊張感が伝わりました。

ラストの安徳帝を見るお顔が切なくて優しくて。


客席もどんどん惹きこまれていて、

知盛が碇を持ち上げてから、縄が海に吸い込まれ、

ダイブし終わるまで拍手が止まらなかった。

私は知盛の心意気にすごく心打たれました。


タケル君は元々安定していた言葉が、ますます安定。

感情がこもっているように聞こえるのは贔屓目でしょうか。


右近さん亀鶴さんの’魚尽くし’がパワーアップしてる!!

今回が一番笑ってしまった不思議(笑)


すごく良いチームワークで、動きや言葉が深まっています。

客席にもバンバン’気’が伝わります。

皆さんに余裕が出てきているのがわかりました。


これだから歌舞伎は面白い。

お芝居が千穐楽に向けて進化します。

二部もますます面白くなっていたお話はまた次回。


はぁ。。それにしても宙乗りができなかったなんてびっくり。

明日からも安全に翔べますように。

もう祈るしかありません。


これからも翔び続ける猿之助さんを応援します。



aya。



aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

5コメント

  • 1000 / 1000

  • aya。

    2016.06.15 02:51

    @よしみおっしゃるとおりです。 万全にしていてもこういうことが起こるのですから。一番悔しいのは猿之助さんだと思います。これまで以上に爽快に翔んでくださるでしょう⭐精一杯、応援したいですね。
  • よしみ

    2016.06.14 21:41

    @aya。おはようございます。こういうことがあると、今まで以上に慎重に点検もされると思うので、これからは安全に、さらに迫力のある宙乗りを見せていただきたいですね。
  • aya。

    2016.06.14 14:09

    @よしみよしみさん、何事もなくよかったですね!宙乗りの途中でなくてホッとしました。 猿之助さんは冷静だったそうですよ。 猿之助さんは過去にもありますので想定内だとは思います。 宙乗りはこういうニュースが忘れた頃にやってきます。 猿之助さんの行いのお陰で、大難が小難で済んだのではないでしょうか。 お参りにも行ってらっしゃいますしね。 私たちには祈るしかできません。