20年。

こんばんは。


海老蔵さんのblogの猿之助さんにびっくり(笑)

また点滴かと思いました~

水素でよかった、ほッ。


東京は30℃超え、熱い初日だったことでしょう。

海老蔵さんのblogを見て、私も仕事を頑張りました。

会場から会場への電車移動は、スーツ姿は辛い。

でも何だかもう慣れてきた自分がいます。


7月は私が司会者デビューをした月です。

毎年、デビュー戦を思い出します。

前日は眠ることができませんでした(笑)


で。。

気がついてしまいました!

司会者として20年目を迎えてしまった~

パチパチパチ(笑)


一体何年目なのかな、と数えたらそんなに経っていた(笑)

奇跡!


30代半ば、2000組までは数えていたのですが、

もうわけわからなくなってしまいました。

3000組の司会を超えているのかもしれません。


数えなくなったのは、数ではないなぁ。。と思い始めてから。

役者さんではないですが、現役でいる間は一生勉強です。

何千組司会をしました!ということは役に立たないのです。

むしろ隠したい(笑)


見た目もベテラン風情ではないし、

カリスマでもありません。

数や技術は、上には上がいます。

決して他の人と比べないけど、上は目指そうと思う。


デビューした頃、私は同期の中で落ちこぼれでした。

まわりはどんどんデビューするのに1年間できなかった。

社長のカバン持ちみたいなことをして、

披露宴の現場に毎週ついて行き勉強してました。

もちろん、今時こんなことをしている人はいません!


デビューしても怒られてばかりで、

続けられるかなぁ。。なんてずっと思っていました。


今想うと続けられたのは、

一緒に披露宴を創る先輩や仲間の一言でした。

若い頃から始めたので、披露宴の常識みたいなものがわからず。。

手を差し伸べてくれる音響やカメラマンさん、会場スタッフなど、

壁にぶつかる度にアドバイスをしてくれました。


そして、30代半ば、司会はビジュアルや体力的に40才までかな、

自然とそう考えてしまい、この先どうしようと悩みました。


そんな時に出合ったのが歌舞伎であり、亀治郎さんでした。

私も生きた言葉を話したい、そして生き生きと生活したい。

そう勇気をもらいました。


未来を憂うことなく「今」を一生懸命生きる。

そうすれば自ずと未来が開けてくる。

そう教えてもらいました。


すると、新たな司会事務所と出合い、

一から司会の仕方を勉強する機会に恵まれました。

今までの話し方や古い言い回しを封印し、

エレガントでスマートに司会することに気がつけました。


今、SmaSTATION!!でWeddingSong特集をしていますが、

古い言葉を使っている司会が多いです。

これは私も反省するところですし、

そうならないように時代を見なければなりません。


40才を超えても、まだまだ司会ができることを、

今の事務所の先輩たちに教えていただきました。


年齢より若くいる必要はありません。

でも、年齢なりに時代に合ったセンスのいい言葉をしゃべりたいです。

一生、勉強。


そして、お客様とのご縁を信じ、

感謝の気持ち、謙虚な気持ちで司会をしたいです。

体調がすぐれない日もあります。

でもその日のベストで仕事をしたいと心がけています。


明日が来るとは限らない。

一つミスをすれば、会場を出入り禁止になります。

メンタルも強くなければ続けていけません。


20年目の節目を迎え、

すべてのお陰様で続けられたことに感謝。

本当に有り難い。


司会に執着はないのですが(笑)

明日は違うことをしているかもしれないし。

でも、披露宴の現場はやっぱり好きだなぁと想うのです。

辛いことがあっても、猿之助さんが癒してくれる。


このblogを読んでくださっている皆様と、

どこかでお会いしているかもしれませんね(笑)


司会者に注目していただかなくていいのです。

帰り道「何だかいいパーティだったね」と思ってもらうことが一番嬉しい。


そんなふうに思ってもらえるよう、

明日もまたお仕事に励みます!



感謝。



aya。


aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • aya。

    2016.07.03 12:45

    @目千両目千両さん、有難うございます。 同じような体験もご縁ですね。 私も歌舞伎の力をいただき元気になりました。 応援していくことがお返しだと思っています。 こちらこそ目千両さんにはいつも感謝しています☆
  • 目千両

    2016.07.03 03:27

    お仕事20年目 おめでとうございます! aya。さんのお話をお読みしておりましたら おこがましいのでございますが 私めにも同じようなことがございまして 思わず涙した次第でございます aya。さんから勇気をいただきました ありがとうございます!