歌舞伎座 昼の部へ!

昼の部も面白いです!

猿之助さんの僧侶姿が美しすぎます。


先ほど海老蔵さんのblogに登場してくれたのも嬉しい☆

猿之助さんの楽屋には若い役者さんがよく集まりますね。


「柳影澤蛍火」は46年前に国立劇場で初演され、

その後2回しか上演されていません。

今回が4回目、歌舞伎座では初めてかかります。


勘三郎さんも三津五郎さんも上演したがっていた演目と聞きました。

今回は猿之助さんの発案で海老蔵さんと相談の上、決めたそう。

それほどまでに魅力ある演目とはいかに。


3年前の松竹座の時よりも時間が25分延びている!

百聞は一見に如かず。

観て、色々と腑に落ちました。


ストーリーが面白いと思いました。

新歌舞伎なので、浄瑠璃は入りません。

黒御簾の音楽はありますが、ストレートプレイのお芝居という感じ。

話が面白いので上演時間が気になりませんでした。


役者さんの芝居力と華が、ぐんぐんお客をひっぱります。

面白い話だけど、役者さんの力も並行していないと退屈しそうです。


役者さんにあて書きしたのかと思うほど、皆適役でした。

海老蔵さんの吉保がドンピシャ!

猿之助さんは初めから海老蔵さんでイメージしていたのかな。。


美男子と言われる吉保です。

もう、そのとおり終始美しい海老蔵さんでした。

だからお芝居に説得力がありありです(笑)

その美しさゆえ、取り立てられて出世をしていきます。


対する美坊主、隆光。

猿之助さんは海老蔵さんに負けない美しさ。

僧侶としての品格、涼し気なお顔、頭良さげな上からの物言い(笑)

占いとして桂昌院の手を取る場面が嫌らしくて(笑)

さすが美坊主です。


お二人が’嫌い’と言い合う場面がすごく面白い!

こんな海老蔵さんとの対決を見たかった!

海老蔵さんも猿之助さん相手に新鮮なお姿でした。


お二人は同時にどんどん出世していきます。

と同時に美しくなっていく。

地位も名誉も手に入れながら、ビジュアルも進化していきます。

衣装も豪華になっていくし、年もとっていく。

時間の経過も見どころの一つではないでしょうか。


中車さんの徳川綱吉がすっごくいい!

やはり’華’があります。


海老蔵さん猿之助さんの三人の言葉のやり取りがサイコーに楽しく、

この人だから、こんな世なのだと納得しちゃう(笑)

生類憐みの令(これも隆光の入れ知恵)を発してしまう

エキセントリックな雰囲気が楽しいです。


エキセントリックと言えば、桂昌院も負けていません。

東蔵さんの怪演はすごかったです。

あんな美男子好きなおば様になりたくない。。。(笑)


猿之助さんに手を取られ喜び、

海老蔵さんを追いかけ。。。。

嫌い同士の二人を会わせて喜び悪趣味。

屈折した女心が切ないです。


そして、右近くんが大活躍です!

こんなに大役だとは思っておらず。

しかも美しい!


海老蔵さんと並んで美男美女。

新たなコンビ誕生の予感です。

吉保を一途に慕い、吉保の欲のせいで運命が狂う。

蛍火の中のラストシーンよかったなぁ。。泣きました。

まわりも泣いている人が多かったです。


一生懸命に演じている姿に感動です。

体当たりです。

千穐楽までどんどん進化していくでしょうね。

楽しみにしています。


市川右近さん、猿弥さん、笑三郎さん、笑也さん、

弘太郎さん、寿猿さん、大勢のおもだか屋一門の皆様、

亀三郎さん、男女蔵さん、九團次さん、市蔵さん、家橘さん。


全員の芝居力が素晴らしい。

ストーリーの良さだけでなく、皆さんの熱演でラストまで楽しめました。


派手な動きもケレンもなく、

猿之助さんの隆光は内なる熱いものを秘め、鋭い眼光が印象的。

そして、とても人間的でもありました。


まだまだテンポアップしていきそうです。

次回拝見する時が楽しみです。

勘三郎さん、三津五郎さんはどのお役をやりたかったのだろう。



結びは舞踊「流星」

七夕の織姫、牽牛の逢瀬に猿之助流れ星。


織姫の右近くんが美しく、牽牛の巳之助さんが超いい男!

巳之助さんの化粧に色気があり美男子過ぎて、目がいっちゃう。

いけない、いけない(笑)

でもなかなか猿之助流れ星が降ってこない(泣)


若手の見せ場が多く、猿之助さんの場面が短く感じました。

花道の出から、しばらく七三で踊るので三階は辛いかもしれません。


猿之助さんの4人の踊りわけはさすがです。

お面を変えたら、体はもちろん、纏う空気もその人物になる。


手先足先の振りが面白くて、軽妙な猿之助さんの踊りとよく合います。

ただ、お面をつけている時間が長くてお顔がほぼ見えない(笑)

めちゃめちゃ可愛いお顔をして、ニッという笑顔なのに~


だからラストの素顔で踊るシーンがサイコーに盛り上がりました。

この笑顔が見たかった!


今日は何だか少しノリが足りないような気がしました。

もちろん素晴らしいのは変わりません。

でも猿之助さんの踊りはこんなものではありません。

もっともっと空気を、心を動かすのです。


次回、そんな流星に出合えることを信じて。


歌舞伎座の舞台中央で一人踊る猿之助さんに感動です。

宙乗りでみんな笑顔。

爽やかに幕となりました。


昼の部もラストはHappyな気分です。


昼も夜も楽しい!

有難うございました。



aya。

aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • aya。

    2016.07.06 00:02

    @がるぼんがるぼんさん!コメント有難うございます! 想うことありましたらご遠慮なさらずコメントしてください(^_^)v 先月今月とファンはやられっぱなしですね(笑)大げさかもしれないですが、猿之助の時代が来た!みたいな(笑)今月のプロデュース力も素晴らしいですよね。二人はまた新境地を開いたと思います。 お互い歌舞伎で暑い夏を乗り越えましょう⭐ 私はまだまだ暑苦しく語りますよ(笑)
  • がるぼん

    2016.07.05 23:42

    aya。さん!いつも熱いメッセージをありがとうございます。コメントしていいのか?よくわからないのですが、ひとこと言わせてください笑 猿之助さんが歌舞伎座の舞台の中央で踊る姿、私も先月 猛烈に感動しました。 そして今回、評判のいい海老蔵さんの吉保。さすが猿之助さんです。 歌舞伎の未来が益々輝いて見えてきました(o^^o) aya。さんも暑い季節、お仕事頑張ってください!