優しい月。

こんばんは。


歌舞伎座「十二月大歌舞伎」第一部第二部を観てきました!


「あらしのよるに」は予想を上回る面白さでした。


昨年一年間で新作歌舞伎が3作誕生しました。

「スーパー歌舞伎Ⅱワンピース」

「阿弖流為」

「あらしのよるに」


この中で「あらしのよるに」が歌舞伎座に一番乗りとなりました。

ワンピースや阿弖流為だって歌舞伎座でやってほしいのだけど。。


きむらゆういちさんの絵本が、

中村獅童さんの発案で歌舞伎になりました。


本を読まずに観ましたが、

ストーリーや言葉がわかりやすくて楽しかったです。

まるで絵本を読んでいるかのような優しさがあり、

原作の持つ力に感動しました。


そこに気がつき歌舞伎化した獅童さんはすごい人です。


舞台の全てが一体になっています。

役者さん、背景、道具、衣装、音楽、音、光。。


義太夫がこんなに楽しく聞けたのも発見でした。

お客が皆、語りや三味線に耳を傾けているのがわかります。

言葉や音が、役者さんや場面にぴったりタイミングが合い、

全てがストーリーに添っていて生命を感じます。


そして、何より獅童さんの狼’がぶ’が当たり役!

強い狼役かと勘違いしていたのですが、

気の良い、優しい、一人ぼっちの狼でした。


父親の話をするところは泣けました。

これは獅童さんの身の上と重なるからかもしれません。


笑って泣けて。

でもずっと優しい空気。

自分らしく生きる。


「~でやんす」という言葉が、ビジュアルとギャップがあって可愛い。

これがまた獅童さんにぴったり。


言葉の話で言うと、

なんで関西弁!?と思わず笑ってしまった狼が二人いました。


千次郎さん松十郎さんは上方の役者さん。

前回から続投です。

すごく目立っていて面白かったです。

’神ってる’もさっそく入っていました。


その狼トリオの一人、猿弥さんが江戸っ子節なので、

関西弁とのバランスが面白かったです。


猿弥さんが、いつものごとく面白くてサイコーなのです。

本当に何でもできる方です。

しかも狼の動きが軽快(笑)

途中、ストレッチしてましたけど(笑)

何だか見ちゃう猿弥さんでした。


中車さんがすっごくいい!

隈取を初めてみたような。。

所作も言葉も今までの中でピカイチ!

立廻りも大活躍で、花道の引っ込み方なんて惹きつけられました。

でも結末が可愛そう。。。


松也さんの’めい’が可愛すぎます!

元々女方だったので、その当時を思い出しました。

思わず支えてあげたくなるような(笑)


見た目も内面も真っ白。

その心が奇跡を起こすのですね。



まだまだ書きたいことがありますが、

続きはまた明日。。

おもだか屋の皆様も大活躍で嬉しかったです。



今、心に浮かぶシーンは二つ。


歌舞伎で数々の月のシーンを観てきました。

中でも一番優しい月でした。

月明かりに照らされた、がぶとめい。

あたたかい、美しいシーン。


そして、ラストの花道の引っ込み。

客席を見渡す獅童さん。

拍手が大きすぎて台詞が言えず。。。

拍手を全身で受け止めていました。


その姿に涙が止まりませんでした。

そして、やっと発した言葉は涙声に聞こえました。

六方もたっぷり。

獅童さんの感謝の気持ちが伝わりました。


大向うさんがいなくて残念。

かかるバージョンを観てみたいな。。


楽しませていただきました。

有難うございました。



aya。

aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • aya。

    2016.12.07 12:41

    @ROSEYROSEYさん、きっとそう! 鰯売の話を聞いたことがあります。 まさにそんな感じ。 客席が渾身の想いをこめて拍手しているのです。 感動の瞬間でした。 あらしのよるには、きっと再演あります。 その時に叶えましょう☆
  • ROSEY

    2016.12.06 23:27

    うーん、観たいです。 ayaさんのおかげで いろいろと想像ができて 嬉しいです。ありがとう。 拍手で台詞が聞こえなくなる…… 中村兄弟の鰯売もそうでした。 そして涙。 きっとあの時のような感動だったんだろうと 思いました。 優しい月の美しい舞台、私も観てみたいな。