神社と残り香。

有難うございました。

お陰様で無事にお江戸に帰ってきました。

幸せな旅でした。


3日目の今日は午前からお昼過ぎまで、

宮地嶽神社に行ってきました。


昨年ワンピース博多座公演の際、

猿之助さんがお仲間と訪れた場所です。

その時、私は大宰府を観光しました。


今回はこの日本一の大注連縄が見たくて行ってきました。


お芝居のことを考えながら、とにかく歩きたかったのです。

博多駅から約30分で福間駅に到着。

お芝居のことを考えすぎて乗り過ごすところでした。


そして歩くこと30分で宮地嶽神社。

時間が早くて人がいない(笑)


嵐が出演するCMで有名になった’光の道’

階段を上がりきるまで振り向かない!と決めて登り、

振り返ると絶景!

夕方にはここが夕日でこんふうになるらしいです。

看板立ってた(笑)

年2回の奇跡。

ちょうど今が時期のようです。

私は人混み嫌いなので妄想で我慢です。


開運桜もちょっぴり咲いていました。

まずは神社をお参り。

注連縄が圧倒的です。

私はこの神社にご縁があったのだなぁと思う。

感謝です。


そして、後ろに広がる奥の宮八社をお参りしました。

’恋の宮’はよ~く手を合わせてきました(笑)

猿之助さんが登っていたお山は一人で登るのが寂しそうで断念。


参道でランチをしました。

薬膳カレーをいただきました。

500円也!

お店の方と話も弾み、しっかり歌舞伎の宣伝してきました(笑)

甘味も押さえました♪

注文してから焼いてくれた松ヶ枝餅。

博多弁に癒されながら焼けるのを待ちました。


そこから海まで歩き食後の運動です。

寂しすぎて、歌右衛門や雪之丞の妄想で楽しみました(笑)

歩きながら猿之助さんの表情を脳内再生していました。


歌右衛門や雪之丞は、現代では四代目猿之助しかできないと思う。

先代の猿之助たちも演じてきていません。

女形をしてきたからこその芸。

そして、四代目になり立役をするようになったからこその雪之丞。


勘三郎さん亡き後、

こんなにお客を巻き込んで楽しませてくれる役者さんは、

猿之助さんしかいないと信じています。


「男の花道」で歌右衛門が客席に訴えるシーンは、

「行っていいよ~」と私も声が出そうでした。


「艶姿澤瀉祭」はとにかく楽しくて体が動き、

マンボの猿之助さんの表情にノックアウト(笑)


「雪之丞変化」では、

久しぶりの猿之助歌舞伎を目の当たりにして、

何度も声が出てしまったし、体ごと拍手する勢いでした。


飛梅会の皆様の大向うの気持ち良さったらなかった。

役者さんのためにかけていらっしゃるのが悔しいほど伝わる。


なのに。。。

私が観た2日間は2階席に空席が目立っていました。

どうしてもそれが納得できません。

どれほど連泊してチケットを追加したかったか。

平日は他もこうだったのかな。。と不安になりました。


全く貢献できていない私が言うのは、

気分を悪くなさる方がいるかもしれません。


でもすごく悔しいのです。

あまりにも悔しいから。。。


「男の花道」「雪之丞変化」は、

お江戸の大歌舞伎でかけてほしい演目です。

でも、実現していないのが現状です。


今月のこの機会を逃す手はないのです。

まして歌舞伎と時代劇の中間のようなこの二つの演目が

並んでかかるのはほぼ無いのではと考えます。


今回は猿之助さんが並べて上演してみたかったのかな。。

いずれにしても東京では並ばないと予測しています。

だから私は博多に行きました。


同じ女形歌舞伎役者が主役のこの二つを並べ、

見事に全く違うテイストのお芝居に完成させていました。


昼では、言葉や心情を聞かせ、所作までも音楽のように美しく流れ、

夜は、ケレンたっぷり、遊び心満載のTheおもだか屋エンターテイメント!


情に泣けて、ドキドキして、驚いて。

まわりで寝ている人なんていなかった。


見逃すなんて信じられません(笑)

見たら絶対満足する三つの演目なのです。


レビューのあんな楽しそうな猿之助さんのお顔を見たら、

こちらまで笑顔です。


幸せな気分で劇場をあとにできます。

あと5日です!


まだご覧になっていない方で叶う方は是非。

立ち見の設定もあり、3500円くらいのようです。



こんなことあんなこと、

お芝居のことを考えながら歩いていたら、

あっという間に福岡空港でした(笑)


花横で見た猿之助さんのお顔が忘れられません。

家に着いて、2年前の雑誌を即座に広げました。

今回のほうが優しいお顔にみえます。


猿之助さんの残り香。


良い旅でした。

猿之助一座の皆様、有難うございました。

出逢った全ての皆様、有難うございました。

博多に行ってよかったです。


お芝居の感想や友人との時間を

これからゆっくり綴っていきます。



aya。


aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • aya。

    2017.02.22 08:56

    namiさん、有難うございます! 劇場でお客を埋めることは大変なこととわかっています。 ただ、やはり悔しいなぁと思っただけです。 ドンマイ!なのです。 歌右衛門ではないですが、いつか猿之助さんを日本一お客が入る役者さんに。。 そうなることを信じて応援していきたいです。 千穐楽が盛り上がることを東京から願っています。
  • nami

    2017.02.22 00:42

    お疲れ様でした! 平日の二階席がガラガラみたいで… 私も気になってました。 申し訳なく感じてしまいます。 あと、千穐楽しか行けませんが、たくさん感謝の拍手を送ってきますねO(≧∇≦)O