「男の花道」 1


言葉が溢れているうちに書き留めます。


博多遠征2日目は小雨模様でした。

それでも暖かいので、

お寺が密集しているあたりを散策しながら博多座へ。

30分くらい歩いて到着です。


お席は花道七三のすぐ横でした。

久しぶりに至近距離から猿之助さんを観ることできます。


昼の部「男の花道」は、2年前の5月明治座で初めて拝見しました。

4月の「雪之丞変化」の翌月です。


初演の御園座を観ていないので、

観たくて観たくて恋い焦がれていた演目でした。


猿之助さんは今回で3回目。

雪之丞変化とともに後世に繋いでいきたい演劇、とおっしゃいます。


☆内容に触れますのでご注意を。



明治座の初日で、猿之助さんの美に驚愕(笑)

リピートしてしまったので隅々まで把握しているつもりでした。


でも歌右衛門は感動的なくらい進化していました。


幕開きの「芝居前」は、

歌右衛門は目が見えないことを指摘した土生玄碩が、

そのことで客と言い合いになり出てきます。


この発端があるから、

この後の展開が面白くなるし、わかりやすいです。

それに芝居小屋の風情が楽しくてワクワクします。


歌右衛門の一門の、隼人さん巳之助さんがカッコいい。

巳之助さんの歌右衛門を慕う気持ちが伝わります。


一座が江戸へ上る道中、偶然にも玄碩と同じ宿になります。


そして、歌右衛門の部屋。

猿之助さんの登場にしびれました(笑)


独吟が響く中、下駄の音が聞こえます。

あぁ。。猿之助さんがやってくる。。とワクワク。


湯上り、暖簾をくぐる姿にノックアウト(笑)

湯気が見えるような。。匂い立つような色気。


ここは本当に印象的です。


猿之助さんがいつもお話する長谷川一夫さんの芸談の中の一つ。

登場する前に暖簾の前で立ち止まった時に、

まず足元にピンスポットを当てる。

そのピンスポットを上にずらした時に顔を出す。

今回もすごかった(笑)


歌右衛門の後見役 東蔵は竹三郎さん。

明治座での観劇ラストの日は代役の猿三郎さんでした。

東蔵役をまた観ることできて嬉しかったです。


ここで、歌右衛門の目が失明寸前なのが東蔵に知れてしまいます。


猿之助さんの姿形、所作が音楽のように心地よく滑らか。

後ろ姿なんて色っぽくて直視できない(笑)


言葉も一語一語、丁寧に語っているように聞こえて心地いい。

上方のイントネーションが心地いいです。


前回もよかったけど、今回はそれ以上に、

言葉にしびれたし、歌右衛門という人間に惚れる。


芸道に生きる。

目が見えなくなり芝居ができなければ、人間もやめる。

覚悟をひしひしと感じます。


玄碩は平岳大さん。

平さんとの相性がとてもよくて感動でした。


玄碩はちょっと変わった人なのですが(笑)

医術の道には一筋です。

そこが歌右衛門の芸道と通じて、心と心が結ばれるのだと思う。


そして二人を観ていたら、

どんな’道’でも人間ありきなのだと強く感じました。


猿之助さんと平さんは、人として呼応し合ったように見え、

そういう出会いがとても羨ましくて、素敵だと思いました。


男女の仲よりも深い情。

憧れ慕う。。そして信じるということなのかな。。


歌右衛門は玄碩を信じて手術を受けます。

目に包帯をしたまま語る「袖萩祭文」

金丸座を思い出しました。


一座のみんなが見守る中、目の包帯を外します。


外して、目を開けた瞬間に泣けた(笑)

わかっているのに泣ける。

感動が体の中から湧き上がってきます。

曲のタイミングも絶妙で効果的でした。


そこからはしゃぐ姿も可愛らしく、

慌てて玄碩を追いかけて、

見送る時の表情に心鷲掴みにされました。


あんなに別れ難そうな顔をされたら切なくなる。

平さんが私の真横にいる最中、

ずっと平さんと同じ角度で猿之助さんを観てしまった。。

私を見ているわけではないのに、心は玄碩でした(笑)


猿之助さんも平さんも涙を流していました。

その光景が忘れられません。


玄関で手をついて見送る姿が凛として好きです。

これぞ加賀屋歌右衛門!という感じ。

ずっと見ていたいと思いました。


あっという間に幕間。

見事に雪さまと違う猿之助さんに脱帽です。


余韻を楽しみながらお弁当。

ずんこさん方のblogで楽しみにしていました。


私は「石田」をチョイス。

甘味まで入り、バラエティ豊かで美味しかったです。

開演前に買うのがベストです。


後半に続きます。


公演はあと3回あります!

まだ観ること悩んでいる方は観なきゃ損なのです。



aya。

aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • aya。

    2017.02.23 14:53

    @m_solam_solaさん、有難うございます。 花道にやってきた平さんを見たら、涙が頬をつたっていました。 猿之助さんも泣いてらした。 中車さんは何となく清々しかったような。。 平さんはカッコいいので、二人のビジュアルが恋人のようなのです。 大柄でスケールが大きいので、猿之助さんも全開で演技しているように見えました。 東京で再演してほしいです。 歌舞伎座で。
  • m_sola

    2017.02.23 13:55

    こんばんわ。 もう2年前なんですね、明治座行きました。 猿之助さんと平さんが涙する… 上手く言えませんが、本当に相性が良さそう‼︎ 観たいけど、行くことが出来ません。。 …私は、今回人生最大の損をします(T ^ T)ゔゔ…