乱鶯。

こんばんは!

新橋演舞場に行ってきました。

でも観劇している間にビッグニュース!

昨日の記事でお話したことが現実になりました。

6月の歌舞伎座は猿之助さんが出ずっぱりです。


この日が来るのをどんなに待っていたか。

もちろん劇場を問わないのが猿之助さんですが、

私の地元歌舞伎座で一か月間昼夜ずっと出演しているなんて。

三部それぞれのタイトルも魅力的です。


興奮しすぎて窒息しそう(笑)

クールダウンして明日以降にお話したいと思います。


さて、観てきましたのは、

劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎<黒>「乱鶯」

直球勝負できたなぁとすごく感動しました。

尾上右近くんも同じ舞台を観劇なさっていたようです。


幕開きの前のBGMに、あぁ。。新感線だぁ。。


過去の作品を何作か観ていますが、歌やダンスは無く、ザ・時代劇。

古田新太さんの魅力全開!

なんでこう、カッコイイのかな(笑)


50才とは思えぬ殺陣は妙に惹きつけられました。

大げさかもしれないけど、剣先まで生命が宿り、間合いに人生を感じる。

今回、それに尽きました。


新感線を観ていると、いつも人の死に際にドラマを感じます。

たくさん死んでいくけど、それぞれの想いが痛いほどカッコイイし、

想いが繋がっていく。


そして、ラストの古田さんがサイコーにカッコイイのです。

含みがある終わり方も心憎い(笑)


全体的に笑えるところも満載です。

でも、くすっという感じ。

<黒>とあるとおり大人テイストのユーモアや笑いでした。

下ネタなかったし(笑)


大東駿介さんのボケっぷりがよかったです。

すごく癒される存在で、ラストも素敵。


稲森いずみさんは、舞台のほうが好きだと思いました。

華があって、立っているだけで存在感ありました。


役者さん一人一人が際立っていて見応えありました。

栗根まことさんの幽霊もすごい!


歌舞伎公演に登場してもおかしくないレベル(笑)

登場する場所がどこも歌舞伎の幽霊と同じですし。


いのうえ歌舞伎とうたっているので当たり前かもしれないですが、

歌舞伎を知っていると面白さ倍増だと思います。


ワンピースというか、スーパー歌舞伎を想うシーンもあります。

板の使い方や、廻り舞台の使い方。。。

ケレンは歌舞伎そのままの手法もありました。


ライティングが素敵!そして細かい!

ワンピースや阿弖流為を想いました。

松竹座も良いけど、やはり新橋のほうが光も壮大です。

三階席で観ていたのですが、照明室は皆女性だったと友人が驚いていました。


オープニングからのタイトル映像もカッコイイ。

阿弖流為は新感線のテイスト満載だったのだと再認識できました。

阿弖流為が観たいよ。


おやつは、限定品の「乱鶯饅頭」!

思いのほか!?美味しくて幕間にみんなでシェア。


私以外の3人は初新感線。

楽しめて、面白かったと絶賛でした。

シネマ歌舞伎も行っちゃうかも。。という勢い。


余韻が切ない。

でも私は希望を描きました。


「最後のひと鳴き。。」

古田さんの言葉にジンときました。

ご本人に重ねているのかな。


来月は大阪公演です。叶う方は是非♪

楽しませていただきました。

有難うございました。



aya。


aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • aya。

    2016.03.30 14:41

    @ねこ♪有難うございます~! よろしくお願いいたします。 新感線よかったです。BGMにやられますね(笑) 古田さん奮闘公演です。
  • ねこ♪

    2016.03.30 13:47

    aya。さん♪こんばんは! 引越し蕎麦を持って来ました(^^)/ これからもよろしくお願い致します‼