場所が違えば。

こんばんは。


お陰様で忙しい土日でした。

猿之助さんがボチボチblogを再開してくださっています。

偶然更新を目にすると気持ちが上がります。


blogを書くタイプではない、とご本人がおっしゃるのに、

ファンのために書いてくださる気持ちが嬉しいです。

大阪からの思い出を振り返ってくださっているので、

博多千穐楽までしばらく続くのでしょうか。


秀太郎さんのblogに来月歌舞伎座の台本が届いたとありました。

第2部の台本です。

補綴、と明記されている台本は珍しいようで、

’随分と勝手が違う’とありました。


補綴とは、正式にわかりませんが、

手を加えてよくする。。というような意味だと思います。

私が今まで観た様子と少し変わってくるのか来月が楽しみです。


猿之助さんにも台本が届き、いよいよと思ってる頃かな。


さて、ラスベガス公演の皆様も無事に帰国。

その後の彌十郎さん新悟さんのヨーロッパ公演も大盛況のようです。


「開いた幕は閉じるもの」

パリ公演の初日に彌十郎さんが書いていた言葉です。

ラスベガス公演のどなたかも書いていらっしゃいました。


お稽古期間が短い歌舞伎公演は、

きっとどの演劇よりもこの想いは切実なのだと感じます。

どんなに心配や不安があっても、

時間がくれば幕は開くし、開けば閉じる時間がきます。


この言葉は私も励みにしています。

演劇と比べてはいけないかもしれません。

でも私たちWedding司会も2時間30分はノンストップでライブが続きます。

どんなに緊張しても、幕はないけど(笑)、時間がくれば開宴するし、

時間がくればお開きになる。


この土日は、4件中、初めて行く会場が1件、久しぶりの会場が1件ありました。

私たちは仕事場を選べません。

スケジュールも自己管理です。


Weddingの司会は基本同じようなスタイルですが、

会場によって細かなやり方が違います。


歌舞伎公演と同じです。

ワンピースも、東京、大阪、博多と劇場に合わせて変化していきました。

巡業で宙乗りができる会場とできない会場の、

狐忠信のパターンが違って臨機応変なのと同じです。


Weddingも会場の特徴に合わせて演出や新郎新婦の動く導線が変化し、

それに合わせて司会も話す言葉を工夫し、

短くしたり長くしたりその場で調整します。

初めて行く時は事前レクチャーがあっても、一発本番です。


久しぶりに初めての会場を経験し、

いつもと違った緊張を味わいました(笑)

全員が初めて会うスタッフ。

新郎新婦を先導する方、音響、照明、司会が息を合わせて進めます。


どちらかというと司会は受け身(笑)

歌舞伎で言うと女形。

相手役に演技や呼吸を合わせる女形のように、

会場によって司会を変化させなければなりません。


でもこれはここ7~8年で気が付き、実践しようと努力していることです。


それぞれ会場で守られてきた「型」みたいなものがあって、

その型に’幸せなWedding’、お役で言うと性根があると考えれば、

歌舞伎好きな私は楽しくなってきます(笑)


自分がやりたいように司会をしているわけではありません。

会場の型の中に、いかに新郎新婦の想いをのせていくかを考えます。


もちろんお客様にはわからないことですし、

司会は注目していただくポジションではありません。

帰り道、何だか良い披露宴だったね!と言ってもらえれば十分です。


お芝居を観た帰り道、楽しかったね!と思うのと同じように。

猿之助さんの気持ちが少しわかります。


ベテランになっても初めての会場は緊張します。

平常心で淡々と。

この精神だけは場所が違っても、

変わらず持ち続けられるようになりたい。


この二日間はたくさん勉強させていただきました。

有難うございました。


お仕事はここまで(笑)

とりとめもなく書いてしまいました。

明日、もう今日ですね。

お休みを満喫してリフレッシュです。



aya。



aya's lounge

歌舞伎に出合って 何だか人生変わりました。

0コメント

  • 1000 / 1000